お仕立てのこだわり

着物には、多種多様な生地が使用されています。
 
絹・麻・綿などの自然繊維や、ポリエステルやナイロンなどの化学繊維。
 
また、同素材を使用しても、製糸や製織の違いで、
 
平織りや縮緬のようにシボがあるものなど、
 
さまざまな生地感になります。
 
さらに、染めや刺繍などの多様な装飾加工がなされていることもあり、
 
とりわけ訪問着などは柄合わせに細心の注意が必要となります。
 
こうして様々な生地の個性に合わせ、
 
和裁士は全神経を集中して針を入れていきます。
 
当社では、国家資格である一級和裁士の資格を持つ和裁士が在籍、
 
お客様からお預かりした大事なお着物を、
 
確かな技で、ひと針ひと針丁寧にお仕立てさせていただいております。
 
 

仕立てについて

 

当社和裁士は、
 
お客さまに心からご満足いただける着心地を提供したいという
 
強い情熱を持って日々作業に励んでいます。
 
お店の意見を鵜呑みにするばかりではなく、
  
ときには和裁から見た意見も店スタッフと交わされ、
  
何がお客さまにとって最適なお着物が出来上がるように
  
「お客さまにとって最高の着物体験」を作り出せるよう
  
「チーム」となって、密に連携を取っています。
  
生地に合わせて、剛柔を使い分けながら仕立てられた着物は、
  
着る人の身体に優しく添い、永く着続けられていくことでしょう。
  
最適なお仕立てをさせていただくため、和裁文化の継承のため、
 
一着でも多くのお着物とご縁をいただければ幸いに思います。
  

  お仕立てについて

お仕立てについて

>>「手縫いとミシン縫いの違いとは。

----------------------------------------------------------------------------------

《お手入れについて》

洗いや寸法直しなど、各種お手入れも承ります。

お見積(無料)をいたしますので、気軽に店舗までお問い合わせください。

お問合せ:銀座とみひろ 03-6274-6034(11:00 - 20:00)

    • 仕立て加工
    • つくり帯加工
    • ガード加工
    • 洗い張り
    • 生洗い
    • リメイクなど。

 

*尚、海外縫製によるミシン仕立ても承っております。

どちらのお仕立ても綺麗にお仕立てさせていただきますので、ご安心してお任せください。

>手縫いとミシン縫いの違い