かつて日本のシルクは、世界一の生産量を誇りました。 中でも山形県は近代化以前から養蚕が盛んに行われ、 伝統として受け継がれてきました。

しかし現代、日本の養蚕業は衰退の一途を辿り 国内に出回る絹の 99% 以上が海外製です。 例に漏れず、昭和の山形を支えてきた何万軒もの養蚕農家は 今や県内で 5 軒を切り、残された農家も高齢化が進んでいます。

「安土桃山時代に創業した山形の呉服屋として、 日本の伝統的な着物文化を守り、育てていかなければならない」 そんな思いから、とみひろは白鷹町にご縁をいただき、
2016
年、50 年ぶりの新規養蚕農家として「とみひろ里山養蚕所」を設立しました。 桑畑の開墾から整備、養蚕、草木染めと織り、お仕立て。 お客様にお届けするまで、自社で一貫したものづくりを目指して 日々挑戦しています。

養蚕所で育てた繭でできた初めての振袖

2018 年、初めての「とみひろ完全オリジナル」である 純山形産の一着が完成いたしました。

とみひろ里山養蚕所について

「とみひろ里山養蚕所」は、山形県白鷹町・十王の 里山の土地を開墾し、桑(くわ)を植樹して誕生しました。
2,500 坪の広々とした「桑園(そうえん)」、お蚕さんを飼育するための「飼育室」、繭をつくるための「上蔟室(じょうぞくしつ)」からなり 1 年に 2 回、6 月と 9 月に養蚕を行っています。

お蚕さんを育てる場所ですから、強い農薬は使えません。 そのためか、緑豊かな桑園の中には多くの生きものたちが 豊かな生態系を築いています。 キジやウグイスに虫の声、アオガエルの合唱がそこここで響き いつも大変にぎやか。桑の実目当てのタヌキやクマ、桑葉を食べるカモシカも訪れます。 桑の下で雨宿りするノウサギとばったりしたことも。

桑園から一望できる白鷹の町並みと、朝日連峰の雄大な山景が自慢。 山からやってくる雲ともやは、予報よりも確実に天気の変化を教えてくれます。

山形県白鷹町・十王の 里山の土地を開墾し誕生した当養蚕所
桑園から一望できる白鷹の街並み

養蚕に携わる人たち

  • 養蚕部 /  :虫をはじめ、生きものが大好きな養蚕専門のスタッフ。 今年で2年目、はりきって養蚕の様子をお伝えします。
  • 染織工芸 :普段は自社工房「染織工芸」で、草木染め・機織りを専門に活躍。 養蚕にも関わり、できた絹糸を美しい布に織り上げます。
  • ご指導・お手伝いの皆さま:まだまだ経験の浅い私たち。白鷹町の養蚕指導員の方や、地元の元養蚕農家さんに 教えていただいています。40 年近くお蚕さんを育ててきた農家さんの知恵に、学びの連続です。

養蚕所に関わる人たち

 

養蚕とは

【養蚕(ようさん) ...カイコガ科の昆虫、蚕(かいこ)が吐き出して作る繭玉から絹糸を作る産業。 養蚕農家はエサとなる桑(くわ)を栽培し、蚕の幼虫を育てる。

 

とみひろの養蚕は多くの農家同様、専門の「稚蚕農家(ちさんのうか)」の元で 卵から孵化し、1 週間ほど育てられた幼虫を受け取るところから始まります。 飼育開始から繭の出荷までは、ほぼぴったり1ヶ月間。
そのため、6 月の「春蚕(はるさん)」、9 月の「晩秋蚕(ばんしゅうさん)」の 1 2 ()、つきっきりでお世話することになります。

(...7~8 月の「初秋蚕」、11 月の「晩晩秋蚕」を加えて年 4 回行う農家もありました。 短いサイクルで繭をつくるために、安定的な収入を得ることができたのです。)

蚕は桑の葉だけをエサとして食べつづけ、4 回の脱皮を経て繭をつくります。 その性質は極めておとなしく、たとえエサがなくなったり 危機が迫ったりしても、歩いて逃げ出すことは決してありません。 毒やとげもなく、噛んだり刺すこともなく、擬態するための模様もない真っ白な身体は ひとたび外に出れば、すぐに捕食されてしまいます。 完全に野生に帰れなくなった地球で唯一の生物であり、人間のお世話無しには決して生きることができないのです。

そんなひ弱に思える蚕ですが、食べる量はすさまじく
とみひろで育てている 1 ()の蚕は、最も多い時期で一日 200kg 以上もの桑を食べ尽くします。 桑園から桑を枝ごと伐り、軽トラック一杯に乗せて運ぶ仕事はなかなかの重労働。 その日の温度や湿度を管理し、蚕の様子に合わせながら 1 3 回桑を与え、糞や食べかすを掃除するのが主な仕事です。

(...「箱」は蚕の頭数の単位。1 =25000 =繭およそ 50kg=着物 10 反分)

飼育開始時は爪の先程度の蚕ですが、約 3 週間で 8cm ほどの大きさに急成長し、糸を吐き始めます。 飼育室から「蔟(まぶし)」という専用の小部屋のような道具に移すと、 蚕は次々ときれいな楕円形の真っ白な繭をつくり、その中でサナギになります。

とみひろ養蚕所 回転蔟

できあがった繭は収穫と選別を経て、製糸工場に依頼し、美しい生糸に仕立てられます。

ひとつの繭は一本の長い糸からできており、その長さはなんと 1000m 蚕が羽化して繭から出てきてしまうと、穴のあいた繭は糸が切れてしまうため 繭は一気に高温乾燥するか煮てしまいます。 蚕が成虫のカイコガとなって、生きて繭を出ることはないのです。 人の手で育てられ、その短い一生をかけて美しい糸をくれる蚕たちに 親しみと敬意を込めて、「お蚕さん」「お蚕さま」と呼んでいます。

桑は土から生まれ、お蚕さんは桑から育ち、お蚕さんの身体の中から糸が生まれます。 大きく見ると、着物は土から生まれるのかもしれません。

山形の自然をいっぱいに取り込んで育てる、とみひろのお蚕さんたち。 その糸から生まれた着物は、身に纏えば里山の息吹がエネルギーをくれるような 特別な着物になってほしいと願いつつ、今年も養蚕に取り組んでいます。

とみひろ養蚕所