着物の仕立てには2つの縫い方があり、手縫いとミシン縫いがあります。

ここでは、どちらが優れているかどうかではなく、それぞれの仕立て方の違いを知っていただき、それぞれの仕立て方にメリットとデメリットを見て、今後お着物をお誂えになる際の参考にしてもらえたらと思います。

明治期にミシンが普及するまでは、着物は手縫いされるのが普通でした。
現在では、ミシン縫いの着物の多くは海外の縫製工場で技術の高い職人によって仕立て上げられています。

それでは、手縫いとミシン縫いの違いについて、それぞれみていきましょう。

手縫い仕立ての特徴について

手縫いは基本的に一本の糸で縫われます。また、針を布に対して斜めに入れることで、布への負担を減らし、縫い目に適度な遊びを作るようになっています。

手縫い仕立の縫い目
手縫い仕立の縫い目

ミシン仕立ての特徴について

ミシン縫いの場合は、布地に対して直角に針が入り、上糸と下糸の2本の糸を大きい針で挟むように縫っていくことで、解れがおきないような頑強な縫い方となります。

ミシン縫いの縫い目
ミシン仕立の縫い目

手縫いとミシン仕立てのメリットとデメリット

以下に、それぞれのメリット・デメリットをまとめました。

メリット デメリット
手縫い仕立て ・適度な「遊び」があり体になじみやすい
・生地に負担が少なく、長い間使える
・細かな要望や繊細な作業に対し、柔軟に対応
・布幅いっぱい仕立てられる
・仕立代が高価
・何度も洗うと縫糸が傷む
ミシン仕立て ・縫いが丈夫
・手縫いより安価
・生地を傷めてしまい、仕立て直しが難しくなる
・織り糸を切ってしまう事がある
・布いっぱいの仕立てができない

手縫いのメリット・デメリット

メリット

手縫いのメリットは、人の手による適度な力加減で縫われているので、着用したときに体に馴染みやすいことです。

また、手縫いによって適度な遊びがあるため、生地にかかる負荷を逃すようになっています。
生地が突っ張った時に、布が破れる前に縫い糸が切れてくれるような作りになっているのです。例えば、座った時には、縫い目がうまく伸縮するので、布が引っ張られるカを逃がしてくれます。

手縫い仕立

これらの結果、縫い目が残らず、生地も長持ちし、仕立て直しをすることができ、同じ着物でも、親から子、そして孫へと受け継ぐことができるのです。

さらに、仕立てたいお着物に、何か特別なご要望があったり、繊細な柄が施されている訪問着のお仕立てなどの場合は、手縫いの方が柔軟に、そして安心できるでしょう。

当社では、山形の工房に和裁士が常駐して仕立てをしておりますので、常にお店と工房との密なコミュニケーションによって、お客さまに最適なお仕立てを考えて作業を進めています。
年間何百着もの仕立てを行なっている経験豊富な和裁士ばかりですので、安心して仕立てを任せていただけます。

もう1つのメリットは、手縫いの場合は、生地巾いっぱいに仕立てたいという時にミシンより優れています。
ミシン縫いの場合、生地の端から約1cmはマチが必要なところ、手縫いでは生地端から約2~3mmのギリギリのところまで巾を取って縫うことができます。

着物は、生地巾が38~40cm前後と短いです。一方、昔の日本人に比べて現代の方は身体的に大きくなっているせいもあって、昨今は当店でも生地巾いっぱいに仕立てる必要がある場合がしばしばあります。そんな時、この手縫いの技術は大変助かっています。

デメリット

一方で、手縫いのデメリットは、ミシン縫いに比べて、仕立て代が高価であること。人の手によるものなので、ミシンのスピードに比べると多少時間もかかります※。

※当社では、ミシン縫製を海外で行うため、ミシン仕立てでも、所要期間はそこまで変わりません。

また、弱点としては、何度も洗うような場合は、縫い糸が傷んで解けてしまう可能性があるということです。
これは、先ほどメリットで挙げたように、手縫いは生地にかかる負荷を縫い糸に逃がすようにできているので、それによって縫い糸が傷みやすくなるのです。

ミシン仕立てのメリット・デメリット

メリット

ミシン縫いの強みは、丈夫な点です。
例えば、着物を日常的に着る方にとっては、洗う頻度が多くなることがあると思いますが、そういった場合は、洗う回数が多くても縫いが解ける心配のないミシン縫いがオススメでしょう。

もう1つのメリットは、手縫いに比べると、仕立ての値段が安価で済むということです。

デメリット

一方、デメリットは、ミシン縫いの特徴に書いた通り、針穴が大きく、布に直角に針が入ります。すると布の織り糸に針が入り、布の糸を切ってしまうため、針穴が残りやすいという点です。
それによって、仕立て直しができなくなってしまうというのが大きなデメリットです。

さらに、メリットである縫いの強度が強い分だけ、適度な遊びがなく、布地を先に傷めてしまいやすいです。

 


 

以上、手縫いとミシン縫い仕立の違いについてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

どちらが優れているということではなく、あくまで、それぞれの特徴を踏まえた上で、ご自分の着物のお召し方に合った方法を選んでいただければと思います。

もしどちらが良いか不安な場合は、お近くのお店スタッフまたは問合せ窓口まで、お気軽にご連絡ください。

問合せ:TEL: 03-6274-6034 (銀座とみひろ)
    MAIL: ec@tomihiro.co.jp